三重の花・木・鳥|三重の婚活パーティーならエクシオ

三重の婚活パーティー・お見合いパーティーならエクシオ

ご予約・
お問い合わせ
050- 5531- 9451

head_menu

三重の花・木・鳥

> 三重の花・木・鳥

日本の各都道府県にはそれぞれ「都道府県の花」、「都道府県の木」、「都道府県の鳥」が定められています。 こちらでは三重県の花、木、鳥をご紹介します。

三重の花

ハナショウブ

梅雨を優美に彩るハナショウブ。6月頃に花を咲かせる、アヤメ科アヤメ属の多年草植物です。花色に富んでおり、白・青・紫・ピンク・黄色・複色などカラフルな色彩を楽しめます。江戸時代をメインに様々な品種がつくられ、その数は数千種に及ぶのだとか。系統を大きく分けると江戸系、伊勢系、肥後系、長井系、米国系の5系統に分類出来ます。三重県を中心に栽培されてきた伊勢系のハナショウブは室内鑑賞向けです。「伊勢花菖蒲」は三重県の天然記念物に指定されています。

三重の木

三重の木

神宮杉

神宮杉(じんぐうすぎ)は伊勢神宮の敷地にある大きい杉のこと。1966(昭和41)年10月20日、三重県の県の木に指定されました。伊勢神宮の敷地内にある杉の木々は1959(昭和34)年の伊勢湾台風の被害を受け、その数を減らしました。また、第二次世界大戦の空襲によりダメージを受け伐採に至った太郎杉は瀧原宮の敷地で最も大きく、樹齢293年と推定されました。

地元で愛されている洋菓子屋さんのシラセでは、伊勢の参道に立ち並ぶ杉の巨木の年輪を表現した「神宮スギ」というバームクーヘンを販売しています。観光土産としてだけでなく、縁起の良いお菓子とされ各種お祝いの贈り物としても人気です。

三重の鳥

シロチドリ

ユーラシア・アフリカ大陸をはじめ広範囲に生息するチドリ目チドリ科チドリ属の鳥。日本では、海岸、干潟、河口の砂地などに生息します。シロチドリは、海岸や河原の砂で窪地をつくり、小石や貝殻などを敷き詰めた簡易的な巣を作ります。3月~7月の産卵期は3個の卵を産むのが一般的です。北日本に分布しているシロチドリは冬季に暖地へ移動します。
全長10~約18㎝程度。繁殖頭頂と背中は灰褐色、額と腹部は真っ白い羽毛に覆われており、大きな目に、短いくちばしと長い足が特徴。普段はピュルピュルと小さな声で鳴きますが、繁殖期に外敵が近づくとプィー、プリョ、ケレケレなどと大きな鳴き声になります。

Page TOP

© EXEO JAPAN All Rights Reserved.